イーグリット

EAGLET「むつかしいことはわからんよ、どうせあんたもわかっとらんやろ。」 アリス・イン・ワンダーランド

スポンサードリンク

【ポケモンGO初心者向け画像説明書2】レベルアップ5!ジムへ行ってREDチームだ!トレーニング開始!強化とは?真髄は進化だ!

2016/07/28

外出がてらポケモン GO がレベルアップ

この土日、秋葉原ほどではないだろうが、住宅地にも「ポケストップ」が立ち上がり、ポケモン GO のアイテムをたくさんもらうことができた。
食事ついでに、ポケストップ巡りをしながら、出会うポケモンを捕まえていたら、レベルが5になった。

ポケストップがたくさんできた

ポケストップがたくさんできた

 

道行く人が同じスマホを持ち歩いていても、ポケモン GO をやっていると、明らかに挙動が違うから面白い。

 

こちらもどうぞ!

【3分でわかるポケモンGO】画像説明書・ポケモンゴーとは(About Pokémon GO)プレイヤーが美女!

 

レベルアップ5!ポケモン GO のジム入場許可、だが即負け

ポケモン GO のレベルが5になったので、ジムに行ってみた。

高い建造物がジム

高い建造物がジム

 

いままで、ポケモン GO のレベルアップが足りず、「ウィロー博士」に「HPが5になったら来い」と言われて入場できなかった。
やっとレベルが5になったので、入場が許可されたようだ。

やぁ!ポケモンをたくさん捕まえて、ポケモントレーナーとしての経験を積んできたようだね。すばらしい!

やぁ!ポケモンをたくさん捕まえて、ポケモントレーナーとしての経験を積んできたようだね。すばらしい!

 

ジムに参加するには、チームに所属する必要がある。
所属登録だけならジムが見渡せる場所から、ジムをタップして行える。何色のジムであってもここでは関係ない。
チームの紋章と、リーダー「キャンデラ」のミニスカ、ショートカットなシルエットが気に入って、Redチーム「チーム ヴァーラー」に所属した。

他にもRedを選んだ理由はあるのだが、それは後で。

チーム ヴァーラー

チーム ヴァーラー

 

今度はジムに入場する。そのためには、ジムがある場所までいかねばならない。

同じ色のジムでトレーニングを積むのだ

同じ色のジムでトレーニングを積むのだ

 

数百m先に、同じRedチームのジムを見つけたので、経験を積みに行ってきた。
チームの色は、ジムのてっぺんに示されている。

トレーニング開始、HPが違いすぎて即負け

トレーニング開始、HPが違いすぎて即負け

 

しかし結果はさんざんだった。自分のポケモンのパワー(CP)が低すぎて、たたかう行動に出る前からやられてしまった。

豆知識:レベルアップ5になっても、CPが300近いポケモンをゲットしておかないと、かなりの確率でやられてしまう。
やられたら「道具」から「キズぐすり」をスプレーして回復させよう。
1回使うと20HPだけ回復する。きずぐすりは道行く先のポケストップでなるべく確保しておくといい。

キズぐすり スプレー式のキズぐすり。ポケモン1匹のHPを20だけ回復する。

キズぐすり スプレー式のキズぐすり。ポケモン1匹のHPを20だけ回復する。

 

今後は、身分相応のトレーニングを実施することとと、ポケモンを強化、卵を孵化させることだろう。
地道に行くしかないのだ。

このような結末だったが、以下に詳しく画面を示しながら図解で説明するので、まだジムへ行ってない方はご覧になっていただきたい。

 

レベルアップまでにしたこと

この土日、ポケモン GO を特に探し歩いたわけではなく、近所の通り道にある「ポケストップ」で、こまめに道具(アイテム)をゲットしていた。
おかげで、以下の道具が増えていた。

こまめにゲットして道具が増えた。

こまめにゲットして道具が増えた。

 

  • キズぐすり x29
  • げんきのかけら x19
  • おこう x3
  • モンスターボール x81
  • ふかそうち x1
近所にポケストップの集団があるのがうれしい

近所にポケストップの集団があるのがうれしい

 

近所には、マクドナルドもあり、その周辺は公園やビル庭になっており、噴水や銅像、門やオブジェなどが「ポケストップ」になっている。

ポケモンもこまめにゲットした。同じポケモンも弱いポケモンも躊躇なく集めた。

かたっぱしからゲットしたポケモン

かたっぱしからゲットしたポケモン

 

かたっぱしからゲットしたポケモン

かたっぱしからゲットしたポケモン

 

とりあえず55匹いる。同じポケモンが多いので、価値は半減したが、おかげでモンスタボールの放り投げ方がうまくなった。

しかし、コウモリの「ズバット」だけはいただけない。ちょこまかと移動するので難しいのだ。ピジョンもしつこかった。
せっかく閉じ込めたモンスターボールから這い出してきてしまう?のだ。

今のところ、CPが200以上あるモンスターは次の通りだ。

  • CP243 カイロス
  • CP205 シャワーズ
cp243のカイロス、今のところトップCPランカーだ

cp243のカイロス、今のところトップCPランカーだ

 

cp205のシャワーズ、今のところセカンドCPランカーだ

cp205のシャワーズ、ツートップのCPランカーだ

 

いずれも、トレーニングで一発負けして、HPがなくなりかけたので、キズぐすりを使用しておいた。
シャワーズのほうは、キズぐすりを2回使って40HPが回復した。

 

レベルアップ5達成!ジムの扉が開いた

ポケモン GO のレベルアップは突然やってくる。
2匹のポケモンをゲットしたところで、まずレベルアップ2。

レベルアップ!2

レベルアップ!2

 

5匹のポケモンを図鑑に登録してメダルをもらったあとでレベルアップ3。

メダルをゲット!ポケモン図鑑に5匹登録!

メダルをゲット!ポケモン図鑑に5匹登録!

 

レベルアップ!3

レベルアップ!3

 

あとはポケモンを捕まえてゲットしたり、道具(アイテム)をポケストップでゲットしたりを続けているとレベルアップ!4。

レベルアップ!4

レベルアップ!4

 

さらに続けていたら、とうとうレベルが5になった!

レベル5達成!

レベル5達成!

 

ポケモン GO では、自分のプロフィールを見ると、次のレベルアップまであとどれくらいかわかる。
上の画面では「レベル 5、3010/5000 XP」と表示されている。
これは、現在レベル5であり、このレベルのクリアには 5000XP 必要で、もうすでに 3010XP 獲得したという意味である。
ポケモンや道具のゲットをスムーズかつエクセレントに行うと、通常よりも多くXPがアップしていく。

ポケモン GO において、XPとは、プレイヤーであるポケモントレーナーの「取得経験値」を意味する!

 

ジムでは博士の助手たちが自己紹介、よく聞いておこう

ポケモン GO のレベルが5になったので、近くに見えるジムをタップすると、とうとうジムへの登録が許可された!

やぁ!ポケモンをたくさん捕まえて、ポケモントレーナーとしての経験を積んできたようだね。すばらしい!

やぁ!ポケモンをたくさん捕まえて、ポケモントレーナーとしての経験を積んできたようだね。すばらしい!

 

きみも、いよいよポケモンバトルへ参加する準備ができたようだね!

きみも、いよいよポケモンバトルへ参加する準備ができたようだね!

 

わたしには3人の、とても優秀な助手がいて........

わたしには3人の、とても優秀な助手がいて........

 

彼らは自分のチームを率いて、それぞれ違うテーマでポケモンを研究しているんだ。

彼らは自分のチームを率いて、それぞれ違うテーマでポケモンを研究しているんだ。

 

研究の一環としてジムでポケモンバトルを行っている。

研究の一環としてジムでポケモンバトルを行っている。

 

かれらはぜひきみをチームメンバーに迎え入れたいそうだ。

かれらはぜひきみをチームメンバーに迎え入れたいそうだ。

 

なにやら「ウィロー博士」配下の3つのチームが、違ったテーマでポケモンを研究しているそうだ。
決して乱獲しているわけではないと言いたいようではある。

なので彼らの生物研究に協力することにする。

 

チームリーダーの自己紹介を聞け!

「ウィロー博士」の助手という、3名のチームリーダーは、勝手に自己紹介を始める。

一人目は「チーム インスティンクト」のリーダー「スパーク」だ、
チームカラーはYellow、黄色だ。黃レンジャーを思い出す軽い男だが、デブではない。
この時点ではシルエットしかわからないのだ。
言い方がチャラいし、野郎なので、ここに所属する気はないが、言ってることは役に立つかもしれない。
聞いておいて損はないと思い、書き留めておくのでご参考にされたし。

 

Yellow…ポケモンの「直感」は「誕生」に秘密がある!

ヘイ!オレの名前はスパーク、チーム インスティンクトのリーダーだ。

ヘイ!オレの名前はスパーク、チーム インスティンクトのリーダーだ。

 

ポケモンは直感がじつに優れた生き物なんだ。

ポケモンは直感がじつに優れた生き物なんだ。

 

オレはポケモンの誕生にその秘密が有るんじゃないかとおもう。

オレはポケモンの誕生にその秘密が有るんじゃないかとおもう。

 

オレのチームにジョインしなよ!

オレのチームにジョインしなよ!

 

直感を信じれば百戦百勝だ!

直感を信じれば百戦百勝だ!

 

イエローチーム「チーム インスティンクト」のリーダー「スパーク」によると、「ポケモンは直感が優れている」と言う。
それは「ポケモンの誕生」に秘密があるらしい。

ここで想像力だ。彼のチームは勝ち上がれるのだろうか。
直感を信じろというが、序盤はともかく、後半戦でも直感で戦えるのかは疑問だ。

 

Blue…ポケモンの「知恵」は深い、冷静に「分析」する!

私はブランシェ。チーム ミスティックのリーダー。

私はブランシェ。チーム ミスティックのリーダー。

 

ポケモンの知恵は計り知れ知れないほど深い…

ポケモンの知恵は計り知れ知れないほど深い…

 

そんなかれらが進化する理由、それを研究している。

そんなかれらが進化する理由、それを研究している。

 

私のチーム?

私のチーム?

 

冷静に分析すれば、負けることなどありえない…

冷静に分析すれば、負けることなどありえない…

 

ブルーチーム「チーム ミスティック」のリーダー「ブランシェ」によると、ポケモンの「知恵は計り知れないほど深い」と言う。

ポケモンが進化する理由を研究しているとも言う。

どうやら、ポケモンは賢いらしい。「進化」が非常に重要だといえるのだろう。

ここで想像力だ。ポケモン GO では、ポケモンの進化を、プレイヤーであるトレーナーの意思で行うことが可能だ。
進化を使いこなさないと、ポケモン GO は勝ち進めないという暗示だろうと理解する。

 

ジムではシルエットがかわいいチーム ヴァーラーに所属した

最後は、チームカラーがRedの「キャンデラ」だ。シルエットがかわいい。
個人的に、ショートカット・ミニスカに弱いのだ。
加えてロングブーツもセットなら完璧ではある。
負けても悔いなし、地の果てまでついて行こうと思ってしまう。

シルエットだけだが、チームヴィーラーはかわいい。

シルエットだけだが、チームヴィーラーはかわいい。

 

Red…ポケモンは「強化」によって「鍛え上げられる」

わたしはキャンデラ、チーム ヴァーラーのリーダーよ!

わたしはキャンデラ、チーム ヴァーラーのリーダーよ!

 

ポケモンは人間よりも強くて心が熱いの!

ポケモンは人間よりも強くて心が熱いの!

 

私はポケモンの進化を研究して、かれらと一緒に真の強さを探求しているわ。

私はポケモンの進化を研究して、かれらと一緒に真の強さを探求しているわ。

 

このチームの鍛え上げられたポケモンがバトルで最強なのは間違いないわ!

このチームの鍛え上げられたポケモンがバトルで最強なのは間違いないわ!

 

準備はいい?

準備はいい?

 

「準備はいい?」と言われたら「はい!」と応えるしかないだろう。
ポケモンと一緒に熱い心で強化を研究するなんて、心が奮い立つ!
それに、Redのこのパターンは、最初は大変かもしれなくても、熱く強化された後半戦で報われる気がする。
Redチームに所属完了だ。

それにチームの文様(マーク)がかっこよかったのだ。

 

RED「チーム ヴァーラー」の紋章

Red「チーム ヴァーラー」の紋章

 

BLUE「チーム ミスティック」の紋章

Blue「チーム ミスティック」の紋章

 

YELLOW「チーム インスティンクト」の紋章

Yellow「チーム インスティンクト」の紋章

 

「Red チームへようこそ!」

「Red チームへようこそ!」

 

エントリー完了だ!

 

近くにあるジムの中、相手のCPが高すぎて怯んだぞ

ポケモン GO のマップを見ると、近くにBlueチームのジムがあった。

Blue チームのジム

Blue チームのジム

 

ここで説明しておこう。

豆知識:Blueチームのジムとは、そのジムにポケモンを配置しているトレーナーがBlueチーム「チーム ミスティック」に所属していることを意味する。この場合、マップ上で見えるジムは青くシンボライズされる。
ジムにポケモンを配置するには、そのジムでポケモン同士を対戦させて勝つ。
運が良ければ、無配置の白いシンボルのジムをつけることができ、先着で対戦なしでポケモンを配置することもできる。

覗いてみると、対戦相手のポケモンが待ち構えている。
よく見ると、CPが714のピジョットとか、CPが1259のシャワーズが待ち構えている。

写真 2016-07-24 14 42 18

写真 2016-07-24 14 44 39

僕もシャワーズを持っているが、CPはせいぜい200だ。

 

ポケモンは強化することができる

今のままでは一発で負ける。ポケモンを強化することにした!
ポケモン GO のメインメニューである「モンスターボール」のアイコンをタップすると、メニューが出る。
ここから「ポケモン」を選ぶと、今まで捕まえたポケモンが一覧画面を開くことができる。

ポケモンの一覧画面

ポケモンの一覧画面

 

ここでは「タマゴ」も選べる。
「ふかそうち」や「ムゲンふかそうち」を使って、移動するだけで指定距離を移動すれば、タマゴがポケモンに孵化する。
何になるかはわからないが、距離が長いものほど貴重なポケモンだろうと想像できよう。

ポケモンのタマゴ一覧画面

ポケモンのタマゴ一覧画面

 

話がそれた。強化したいポケモンをタップすると、ポケモンの詳細画面が出る。
ここから【強化】ボタンをタップすると、所持しているアメを使って強化できる。

ポケモンの強化ボタンを押す

ポケモンの強化ボタンを押す

 

ポケモン強化確認に「はい」を押す

ポケモン強化確認に「はい」を押す

 

強化には「ほしのすな」と、強化したいポケモン専用の「アメ」が規定量必要だ。
あまり強化ばかりしていると、アメが足らなくなって、次に述べる進化ができなくなる。

ポケモントレーナーには、ポケモンのトータルパフォーマンスを司るマネージメント能力が必要なのだ。

 

進化させて、対戦能力を獲得する

チームヴァーラーのリーダーも言っているように、ポケモン GO の醍醐味は「進化」だろう。

よく見かける「ポッポ」も、進化させると、先の対戦相手のように、強力な戦闘力を得ることができる。
以下のように、美しい画面で感動とともに自分のポケモンの進化を楽しんでほしい。

捕獲したままのポッポ

捕獲したままのポッポ

 

このポッポを進化させるには12個のポッポのアメが必要だ。
現在在庫があるので進化が可能だ。ボタンが押せるようになっている。
アメが足らないと、進化ボタンが半透明になって押せない。

【進化】ボタンを押す。

進化させるかの確認に【はい】を押す

進化させるかの確認に【はい】を押す

 

感動の進化の始まりだ。これを見るだけでも、ポケモン GO の真髄は「進化」であることがわかる。
Redチームに所属してよかったと心から思う瞬間だ。

進化の始まりの始まり

進化の始まりの始まり

 

進化の途中の途中

進化の途中の途中

 

進化のクライマックス、ポッポから別のポケモンへ!

進化のクライマックス、ポッポから別のポケモンへ!

 

進化の終焉、すでにポッポではない!

進化の終焉、すでにポッポではない!

 

進化完了間際、意思が芽生えたか

進化完了間際、意思が芽生えたか

 

ポッポからピジョンに進化が完了した!

ポッポからピジョンに進化が完了した!

 

このページをみてくれたみなさん、最後までお読みいただきありがとう。

これからは、各自で強力な戦闘力を獲得して、ぜひ、ジムで勝ち上がってくれ!

イーグリットは、このブログで、ずっと応援しています!
もし東京で、僕に会えたら、お手やわらかにお願いしますね。

それではまた〜

 

こちらもどうぞ!

【3分でわかるポケモンGO】画像説明書・ポケモンゴーとは(About Pokémon GO)プレイヤーが美女!

スポンサードリンク

-技術, 日本, 話題